レンチンプラスガンマー

レンチンプラス(米ぬかアラビノキシラン誘導体)

レンチンプラスガンマー


米ぬかアラビノキシラン誘導体ガンマーリノレン酸(月見草油)
レンチンプラスガンマーは、米ぬかアラビノキシラン誘導体(バイオブラン)に、γリノレン酸(月見草油)を配合した栄養補助食品です。
ソフトカプセルタイプで、飲みやすいです。
1カプセル(500mg)中
バイオブラン:180mg(食物繊維として33mg)
ガンマーリノレン酸:11mg(月見草油として130mg)
レンチンプラスガンマー会員割引価格はこちらから
レンチンプラスガンマー レンチンンプラスガンマー
レンチンプラスガンマー即日発送!
16:00までにご注文いただきましたら、
当日発送いたします。土・日・祝日も発送!
レンチンプラスガンマー【送料無料】レンチンプラスガンマー【試料請求】
レンチンプラスガンマーのご相談は、0120-797-866
米ぬかアラビノキシラン誘導体の含有量が多い「レンチンプラス1000」は、こちら

米ぬかアラビノキシラン誘導体の特別製品の無料サンプル、割引価格ございます。
特別割引のお問い合せ、商品に関する疑問・質問は、下記フリーダイヤルへ。
微粉末タイプの『特別製品』は、お電話にてご案内、ご相談させて頂いております。
■問合せは、0120-797-866
土・日・祝を含む、
毎日(9:00〜19:00)受付中!


商品紹介


レンチンプラスガンマー
レンチンプラスガンマー
名称 食物繊維含有食品
原材料名 植物性多糖類、ゼラチン、食用月見草油、グリセリン、着色料(カラメル、コチニール)、ビタミンE(大豆由来)、グリセリン脂肪酸エステル、ミツロウ
内容量 70g(1粒の重量500mg、1粒の内容量320mg)×140カプセル
栄養成分表示
※3粒(1.5g)
 あたり
エネルギー 8.0kcal 炭水化物 0.6g
たんぱく質 0.4g ナトリウム 2.3mg
脂質 0.4g 食物繊維 0.1g
保存方法 高温多湿及び直射日光を避けて保管してください。
召し上がり方
1日3〜5粒を目安に、そのまま水でお召し上がりください。

販売価格


3%ポイント還元! 商品の3%をポイントとして還元。詳しくは、こちらをご覧ください。

レンチンプラスガンマー
販売価格  
15,750円(税込)⇒13,500円
↑上記価格より、さらに割引
迅速発送送料無料レンチンプラスガンマー【試料請求】
※送料、代引き・振込手数料無料!(銀行振込除く)

大和薬品(株)のアラビノキシラン各種取り扱っております。
会員様限定!割引価格もご用意あります。お気軽にお問合せ下さい。

全日:9:00〜19:00までは、詳しいものが対応させて頂きます。
土・日・祝日も営業!ご相談も受け付け♪商品発送もしております。
レンチンプラスの問合せは、0120-797-866

商品の特徴


■レンチンプラスガンマーの特徴

バイオブラン』に『ガンマーリノレン酸』を配合!
レンチンプラスガンマーは、特許製法によってつくられたバイオブラン(米ぬかアラビノキシラン誘導体)を主原料に、ガンマーリノレン酸(月見草油)を配合した機能性食品です。
1カプセル(500mg)中
バイオブラン:180mg(食物繊維として33mg)
ガンマーリノレン酸:11mg(月見草油として130mg)

低分子の米ぬかアラビノキシラン誘導体を使用!
アラビノキシランを、大和薬品(株)独自の特別な製法(※1)で抽出することにより、活性化させた『米ぬかアラビノキシラン誘導体』を主成分としています。
※1)日本製法特許:No.3519187、海外合わせて9カ国で特許取得

『アラビノキシラン』と『米ぬかアラビノキシラン誘導体』はまったく違います。
さらに詳しくはこちら

マンドゥ・ゴーナム博士と共同研究開発。
マンドゥゴーナム博士大和薬品が、UCLA/ドゥルー医科大学・免疫学教授マンドゥ・ゴーナム博士と共同で、研究開発し誕生したのが『バイオブラン(米ぬかアラビノキシラン誘導体)』です。
※マンドゥ・ゴーナム博士が臨床試験を行っているバイオブランは、大和薬品(株)のものだけです!
※便乗した類似品にご注意ください。

15年以上にわたる学術データ!販売実績50カ国以上
大和薬品のバイオブラン含有製品『レンチンプラス』は1996年(平成8年)9月に発売され、15年以上の実績があります。現在、日本国内だけでなく、アメリカ・ヨーロッパを始め世界50カ国以上で愛用されています。
また、大学や、農林水産省などの政府研究機関をはじめとして、海外の大学・研究機関などで、研究が行われています。
(大和薬品製品/140を越す学会発表/40を越す学術論文/50ヶ国以上の販売実績)

1000gの米ぬかから、たったの3〜5g!
貴重な「米ぬかアラビノキシラン誘導体」 米ぬかアラビノキシラン誘導体は、1000gの『米ぬか』からたったの3〜5gしかとれない希少価値の高いものです。
シイタケ菌糸体を培養し酵素を分解したものを、米ぬかの抽出物に作用させ抽出したのが、米ぬかアラビノキシラン誘導体(バイオブラン)です。
この『米ぬかアラビノキシラン誘導体』が最も多く含まれているのがレンチンプラスです。

バイオブラン(米ぬかアラビノキシラン誘導体)とは?

米ぬかアラビノキシラン誘導体は、米ぬかに含まれるアラビノキシランという食物繊維から作られています。他のアラビノキシランとは違い「バイオブラン(アラビノキシラン誘導体)」は、その独特な構造により、役立つように工夫されています。
「アラビノキシラン」というのは、植物の細胞壁を作るヘミセルロースの主成分で、お米や小麦、トウモロコシ等の植物に多く含まれる一般的な食物繊維で、ごく普通の食物繊維としての性質を持っているだけです。
「米ぬか」には、豊富なビタミンB群やビタミンE、ミネラルが含まれ、栄養の宝庫とされています。その中でも特に、ヘミセルロースB(食物繊維)に、ビタミンB群やビタミンE、ミネラル等が多く含まれています

バイオブラン(米ぬかアラビノキシラン誘導体)は、
通常のアラビノキシランと違い、米ぬかに含まれるヘミセルロースBを、食用キノコの酵素を使って、極めて細かい分子に分解することで、取り込みやすい特性を持っています。
普通のアラビノキシランとは、まったく違います!
さらに詳しくはこちら

15年以上にわたる学術データを蓄積しており、世界50ヶ国で販売され、全米・ヨーロッパでも人気の『米ぬかアラビノキシラン誘導体(バイオブラン)』。
大和薬品は、ゴーナム博士と共同研究でアラビノキシランを世界で初めて開発製品化しました。
アラビノキシラン誘導体(バイオブラン)が出来るまで

■製法特許■
日本製法特許:No.3519187、米国製法特許:No.5560914、韓国製法特許:No.0344755、イギリス・フランス・スペイン・イタリア・ドイツ・ポルトガル 製法特許No.753582
米ぬかアラビノキシラン誘導体(バイオブラン)の研究・開発協力機関
●大学研究室【千葉大学 / 愛知学泉大学 / 愛知学院大学 / 浜松医科大学 / 名古屋大学 / 大阪府立大学 / 九州大学 / 東京大学 / 他多数】
●海外【UCLA/DRAW大 / オックスフォード大学 / ケンブリッジ大学 / マクマスター大学 / グローニンゲン大学 / 他】
●公的機関【農林水産省 / 公的研究機関】
●自社研究機関【つくば研究室】

ガンマーリノレン酸(月見草油)とは?

月見草ガンマーリノレン酸は、母乳のほか月見草の種子などごく限られた植物から得られる貴重な不飽和脂肪酸です。
ガンマーリノレン酸は、ヒトの細胞膜を構成する主要な成分の一つです。

■月見草とは?
月見草は、70,000年前に中央アメリカに生まれたハーブで、17世紀にヨーロッパに伝えられました。
夏の夕方にサクラ草に似た黄色の花を咲かすので「夕方のサクラ草」(Evening Primrose)と呼ばれます。
月見草の種子には、必須脂肪酸であるガンマーリノレン酸が含まれています。

レンチン(アラビノキシラン誘導体)製造管理について


ISO9001:2000認証取得
大和薬品株式会社は、つくば工場・研究室と東京本社の全部門にわたって、国際品質マネジメントシステムISO9001の認証を、2002年12月、イギリスの認定機関UKASより取得しています。
定期的に内部監査や維持審査を実施しています。
■ISOとは?
ISOは、International Organization of Standardization(国際標準化機構)の略で、1947年にスイスのジュネーブで設立されたもので、140ヶ国以上の加盟国が参加し、国際標準規格を策定しています。
『顧客満足』の向上を図ることを目的とした活動が、効率的にできるよう規定したものです。

HACCP認証取得
大和薬品つくば工場は、HACCP・ISOの認証を受けています。 HACCP(ハセップ)は、1960年代に米国で宇宙食の安全性を確保するために開発された食品の衛生管理の方法です。
Hazard Analysis(危害分析)、Critical Control Points(重要管理点)の略で、食品の製造工程において発生する危害を分析し、抑え込む方法を決めたものです。
継続的にチェックすることで、安全な食品を作り出そうとするものです。
大和薬品つくば工場は、2003年にHACCPの認証を取得しています。

大和薬品(株)の『レンチンプラス(アラビノキシラン誘導体)製品』は、ISO9001認証を取得し、更にHACCP(ハセップ=危害分析重要管理点)を取得した工場で製造されています。
そして高度で安定した品質を可能にする「微生物培養の最新設備」を構築しました。また炭水管理の面でも、つくば地域の厳しい基準値をクリアするだけでなく、主体的な徹底管理のもと、環境への影響を配慮した環境保全型向上を実現しています。
さらに詳しくはこちら